So-net無料ブログ作成
検索選択
GⅠレース予想 ブログトップ
前の10件 | -

『英雄ディープインパクト物語』最終章!! ~第51回 有馬記念 最終予想~ [GⅠレース予想]

いよいよ決戦が近づいてきました。世紀のラストランまであと15時間弱。

『英雄』ディープインパクトが有終の美を飾るか!?それとも・・・


これまでの13戦、彼は勇敢に、聡明に、そして正直に戦ってきました。欧州での3着敗退・失格という別の「衝撃」もありましたが国内での競馬においては99%パーフェクトな結果を出してきました。

しかし1%やり残した事があるのです。


そうあれは364日前、昨年の有馬記念。無敗の三冠馬として挑んだ初の古馬との対決。ゼンノロブロイタップダンスシチーら古馬の錚々たるメンバーを袖にして1.3倍の1番人気。その場にいた16万2000人はもとより全国でその時を心待ちにしていた何千万人という人々は彼の『飛ぶ』走りに注目していました。

しかし結果はよもやの2着敗退。

ほんの数秒前まで大歓声だった場内が水を打ったように静まり返るほどの『衝撃』でした。

国内における彼のキャリアの中で唯一敗戦となった有馬記念、そして競走生活のラストランに選んだ有馬記念。

ここを勝利することにより昨年の借りを返すのはもちろん競走生活においても大団円を迎えるべく!!といきたいでしょう。


私は彼が出走したこれまでの13戦中馬券購入した11戦(新馬・凱旋門賞は未購入)で全て本命◎にしました。こうなったらという意地ではなく彼のこれまでの功績を称えると共に敬意と感謝をこめて今回も本命◎としたいと思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

二歳王者決定戦!! ~第58回朝日杯FS レース予想~ [GⅠレース予想]

いや~考察に疲れました・・・。

というわけで今日一日で集中して考察しましたがその集大成として予想を!!

結論を先に言えば⑪オースミダイドウで間違いなし!!ということです。付け入られる隙があるとすれば初の関東輸送と大きいフットワークに不向きに感じる中山コース、今日の雨でキレが殺される馬場という3点のみ。

3点もあれば十分消せるって!?

そういう声も聞こえてきそうですが・・・。前走は初めて控える競馬を試みましたが道中で折り合いを欠く場面がありほんの少しヒヤリとさせられました。今回は前走のように中団からの競馬ではなくある程度先行させるのではないかと読んでいます。今回代打騎乗となるペリエも前回のVTRは見ているでしょうし今回は外目の枠ということでゴチャつくのを避けるために外を回ってでも行くでしょうし道中でワンテンポ遅らせて先行馬群に潜り込むという手もあります。その辺の騎乗に関しては何の心配も要らないでしょうし今日のサクラメガワンダーの騎乗を見る限り逆に自信にもなりました。持っているスピードは世代でもトップクラスでしょうし父に似た姿・走法から道悪も苦にしないでしょう。仔が父に代わってグラスワンダーへの借りを返してくれるでしょう!!自信の本命◎です!!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

快速娘決定戦!! ~第58回阪神JF 前日(当日)予想~ [GⅠレース予想]

いや~昨日もすっかり寝ちゃいました・・・。予想をUPしようと思ったら机でウトウトしていましたよ。
そしたら妻に起こされてそのまま寝ちゃいました。

というわけで当日になってしまいましたが前日予想をそのままUPします。

 

重賞勝ち馬が⑨アストンマーチャン1頭という昨年のアルーリングボイスと同じ状況。OP勝ち馬も⑧ハロースピード⑪メジロアダーラ⑯イクスキューズの3頭、実績だけで言えば⑨アストンマーチャン絶対でしょう。

前走の勝ち時計1分20秒3も優秀でこれにあと1ハロンを13秒0で走ったとしても1分33秒3と2歳では考えられない(従来のグラスワンダーの1分33秒6を越える)レコードタイムとなります。しかし、これが当時の京都の馬場状態だったら・・・ということが加わりますが。

現在の阪神の芝コースは芝こそ綺麗に生え揃っていますが洋芝でオーバーシードした時計の出にくい馬場状態。加えて直線の長さを意識して流れがスローになっていることもありますから少なくとも前走と同様のペースというのは考えられません。

今回行くであろう馬は好枠を生かして①テンザンコノハナ、行ってこその⑪メジロアダーラあたりでしょうか?⑨アストンマーチャンはそれを見ながらの3・4番手というところでしょう。前半4Fは46秒5から47秒くらいでしょうか、馬群もそれほど縦長にならず先頭から最後方まで12・3馬身というところでしょう。こうなると内でゴチャゴチャもまれる馬よりも外から上手く進出できそうな馬に分があるでしょう。ましてや外回りコースの4コーナーは緩やかな曲線になっており内の先行馬がここで外に振られるというのは考えにくいですし逆に脚を貯めるべきところでしょう。それらを加味して印を打ちましょう。

昨日の好調を生かした予想をご覧頂く前にクリックしていただけると幸いです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

最強の称号は譲らない!! ~第26回ジャパンカップ 前日予想~ [GⅠレース予想]

あ~・・・鼻水が止まりません・・・。

今日ず~っと外にいたのが災いしたのかな・・・。明日は府中に出撃しようと思っていたのですがカミさんから
「そんな状態で行く気?バッカじゃないの?」
と冷ややかな目で見られつつ言われやや凹み気味です。

というわけで行くか行かないかは明日起きてからのお楽しみということで。

さて明日は国際GⅠ「ジャパンカップ」。追い切り考察にも先述したように11等と頭数は寂しい限りです。その上、ディープインパクト・ハーツクライという「2強」が出走してきては・・・。わがまま予想家(?)としては点数(印)を多く打てないという訳のわからないプライドが・・・。

というわけで少ない点数でビシッ!!と決めたいものです。とは言うものの頭数が少ない割には面白そうな馬が多くて買い目に迷います・・・。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

明日は砂の陣!! ~第7回ジャパンカップダート 前日予想~  [GⅠレース予想]

早いものでもう週末です。

明日は砂のジャパンカップ「ジャパンカップダート」が行なわれます。今年は外国からの出走馬がおらず寂しい限り、来年からはもう少し早い段階から海外馬の出走を促すべきではないでしょうか?

というわけで予想に行きましょう。

今回の焦点はズバリ!!「⑦シーキングザダイヤはここでも2着か?」という事。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

淀の1マイル劇場!! ~第23回マイルCS レース予想~ [GⅠレース予想]

いや~・・・予想をUPしようと思ったら寝ちゃいました。そしてさっき起きました・・・。冬の選手権(航行サッカー)の東京と予選に見入ってしまいそのまま寝てしまいました。

気を取り直して予想の方を・・・。

今日の京都競馬場周辺は雨予報、強雨ではなく1~2mm/H程度の弱い雨。本番は良に近いやや重でしょうか?降る量はたいしたことなくても長くシトシトと降るそうです。午後の芝レースで細かく芝状態をチェックした方が良さそうです。

昨日の芝レースは外差しが決まっており内は全く伸びない状態。時計もかかってきておりパワーと持続力が要求される馬場になっているようです。

今年の展開・ペース予想としてはハナを切る馬は⑨ステキシンスケクン、平均~ややハイペースで逃げるタイプなだけに前半4Fは46秒5~8くらいでしょうか。後半も同様のラップ(46秒6~9)と見ると勝ちタイム予想は1分33秒1~7とGⅠではやや時計が掛かるタイムとなりそう。

それを踏まえて・・・。

当たらない予想をご覧頂く前にクリックしていただけると幸いです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

無敗か!?歴戦か!? 最強牝馬決定戦!!~第31回エリザベス女王杯 レース予想~ [GⅠレース予想]

無敗の二冠馬⑯カワカミプリンセスの古馬撃破なるか?⑧スイープトウショウは「現役最強牝馬」の看板を守り抜き連覇を達成することが出来るか?それとも第三の馬が・・・?

今日午後3時40分、「第31回エリザベス女王杯」が発走します。

古馬混合戦になってからこのレースのカギを握っているのは「3歳馬」と「古馬」の力関係。斤量という面では2kgの差がありますが競馬というものは斤量だけで決め付けられるものでもなく。

今回に限って言えば「力差はほとんどない」といえるのではないでしょうか?
今年の出走馬16頭の半数8頭が3歳馬、しかも秋華賞1~5着馬が出て来ています。好勝負でしょう。

しかし「ほとんどない」というだけであって「優勢」というわけではありません。紙一重でしょう。

そしてそのカギを握るのは展開。過去10年の1,000m通過タイムの平均が60秒39。最速が03年の57秒5、最遅が96年の63秒1。上がりの平均が35秒04、最速が33秒6(02年)最遅が37秒3(03年)。

今年の展開を予想して見ましょう。
   ⑪  ⑧  ⑯         
⑤   ③  ⑬⑦⑮   ⑥⑫   
  ⑩   ②  ⑨ ④  ①  ⑭
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
馬場状態が仮にやや重として、1,000m通過予想が61秒5~62秒5、1,600m通過が1分38秒0~1分39秒0と見ます。かかり気味に飛ばしていく馬も特に見当たりませんしどうしても行きたいと主張してきそうな馬もいません。押し出される形で⑭ヤマニンメルベイユあたりが行くのではないでしょうか?⑫ウイングレット⑥シェルズレイあたりも可能性があります。いずれにしてもペースは上がらないでしょう。ペースが上がるのは残り1,000mあたり、中団より後につけている馬はやや仕掛け気味に押上げを計ろうとするところ。同時に待ち構えているのは京都名物の坂の登り。ここであまりにも勢いをつけすぎると下りで膨らんでしまう為勢いはつけづらいところ。①アサヒライジングが先頭に並びかけつつ最内を狙い、⑮フサイチパンドラが馬群を捌いて先団へ。⑯カワカミプリンセスは前走のような不利を受けないよう外を回って来るでしょう。⑧スイープトウショウは更に外を回ってくるでしょう。⑪ディアデラノビア⑧スイープの後、③アドマイヤは馬群でじっくりと脚を貯めていそうです。直線は究極の上がり勝負になるのではないかと思います。スローで流れると予想するとレースの上がりは33秒0~33秒5と仮定、そうなると瞬発力のない馬は厳しいでしょう。しかも今日の芝レースを見る限り内は伸びていませんね、伸びてきたとしても3着まで。真ん中より外が伸びてきていましたしほとんどが差し・追込で決まっているように前の馬も辛い馬場状態。

全てのファクターを踏まえて・・・。

当たらない予想をご覧になる前にクリックしていただけると有難いです・・・。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

2強不在の盾獲り物語 ~第134回天皇賞・秋 前日予想~ [GⅠレース予想]

今年、府中の魔物はどういう結末を見ているのか?

さあ明日(今日?)はいよいよ秋の盾「天皇賞・秋」。老いも若きも牡も牝も中央馬も地方馬も集まった「第134回天皇賞・秋」。

色々検討してきました(?)がその結論を出したいと思います。

今回の天皇賞に出走してきた馬がステップレースにしてきたレースは5レース。
札幌記念・朝日CC・オールカマー・毎日王冠・京都大賞典の5つ。

それぞれの前半と後半の1,000m(毎日王冠は800m)を比べてみましょう。
札幌記念   60秒2-59秒1 差=1秒1
朝日CC    59秒3-58秒1 差=0秒8
オールカマー 61秒5-58秒9 差=2秒6
毎日王冠   46秒7-46秒7 差=0
京都大賞典  64秒1-59秒7 差=4秒4

レースそのものの時計で言うと朝日CCが最もハイレベルですがラップタイムで見ると毎日王冠が最も息の入りづらい淀みのないレース。逆で見ると京都大賞典は前半はキャンター、後半ビッシリ追い切った調教のようなレース。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

快挙か?阻止か?牡馬クラシック最終戦!!~第67回菊花賞 前日予想~ [GⅠレース予想]

先ほど日本テレビのスポーツ番組でメイショウサムソンの生まれた林牧場を取り上げていました。

昨年の三冠馬、ディープインパクトが生まれた牧場は語るまでも無い大牧場「ノーザンファーム」。施設規模、種牡馬・繁殖牝馬数など全ての面で日本一の牧場。対してメイショウサムソンが生まれた林牧場は繁殖牝馬数10頭というどこにでもある小さな家族経営の牧場。

小さな牧場でも三冠を狙える馬を創る事が出来る・・・。素晴らしいことだと思います。

いま北海道では馬産の危機を迎えていると聞きます。地方競馬の相次ぐ廃止、マル外の輸入頭数の増加、8大競走の開放など。単純に馬が売れなくなってきている、売れても大牧場の良血馬もしくは社台系種牡馬の仔馬・・・。

こうなるとある程度以上の規模を持つ牧場しか生き残れなくなっていく事・・・。

そんな中で産まれたメイショウサムソン。明日の出走馬の9頭が社台系の馬、是非それらを打ち負かし見事三冠馬になって欲しい!!と切に願います。

というわけで前日予想です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

春の意地か?春の雪辱か!!それとも…。秋の女王決定戦!!~第11回秋華賞~ [GⅠレース予想]

デイリー杯2歳Sのオースミダイドウは強かった!!

発馬も良く今回も前へ行くのかと思いきや中団での競馬。先々を意識して抑える競馬をしようという武豊騎手の意図がわかりましたね。そんな意図とは裏腹にやや折り合いを欠く仕草も見せハラハラしましたが、3コーナー過ぎにはいつもの落ち着きを取り戻し徐々に好位へ。直線を向いたときに隣の馬に寄られるというちょっとした不利はありましたが屁とも感じさせない力強い伸び脚で前の馬を捕らえると共に後続を完封しての初重賞制覇。これで春のクラシックがはっきりと見えてきたことでしょう。

他では京都10Rのジョイフルハートも強かったですね!!

スタートはひと息で他の馬にハナを奪われてしまう展開に。ハナを奪えなかったせいかややクビを高くしていきたがる仕草を出していました。このままでは折り合いが付かないということとスピードの違いなのでしょう、3コーナーで前を行くニシノコンサフォスを交わして先頭に。前に馬がいなくなったことで折り合いが付いて後はスムーズな競馬。最後はニシノコンサフォス以下に詰め寄られましたが完勝と言っていいでしょう。この後はJBCマイルでしょうか?いずれにせよダート短距離に新星登場ですね!!先が楽しみです。

力の入った注目2レース共に当たり資金も増えたところで明日のメインレース『第11回 秋華賞』の予想へ…。

続きを読む


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬
前の10件 | - GⅠレース予想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。