So-net無料ブログ作成

今日は雨。家でじっくり資金稼ぎ!! [レース予想]

第31回エリザベス女王杯の枠順が決まりました。

  1-1 アサヒライジング 柴田善臣
  1-2 ヤマニンシュクル 四位洋文
  2-3 アドマイヤキッス 武豊
  2-4 ヤマトマリオン 幸英明
  3-5 ソリッドプラチナム 小牧太
  3-6 シェルズレイ C.ルメール
  4-7 レクレドール 藤田伸二
  4-8 スイープトウショウ 池添謙一
  5-9 ライラプス 鮫島良太
5-10 キストゥヘヴン 安藤勝己
6-11 ディアデラノビア 岩田康誠
6-12 ウイングレット 田中勝春
7-13 サンレイジャスパー 佐藤哲三
7-14 ヤマニンメルベイユ 武幸四郎
8-15 フサイチパンドラ 福永祐一
8-16 カワカミプリンセス 本田優

無敗の古馬撃破を目論むカワカミプリンセスは8枠16番、連覇を狙うスイープトウショウは4枠8番。まぁ、エリザベス女王杯の予想はまた今夜ということで・・・。

今日は府中と福島で重賞が行なわれます。

朝日杯FS・阪神JFを目指す2歳馬達の戦い「京王杯2歳S」、七夕賞を並ぶ福島伝統の2,000m戦「福島記念」が行なわれます。

まずは府中の予想から・・・。

ごらん頂く方はクリックしていただければ幸いです

 メンバーを見渡すと重賞勝ち馬は1頭、⑦ゴールドアグリのみ。前走の新潟2歳Sの勝ち方は圧巻でした。前半48秒7のスローペースを上がり33秒フラットの剛脚でぶった斬りました。父のタニノギムレットを髣髴とさせる差し脚はクラシックを予感させるものでした。しかし、距離伸びてこそ!!というタイプに見え距離短縮となる今回はどうか?という気もします。

本命◎はこの距離と速くなるであろうペースを見越して、そして将来性に期待して⑬サンダーアロングにします。
新馬戦はスタートでやや立ち遅れ気味、そのため後方追走となってしまいました。前半800mが49秒2というスローペースを後方2番手で追走、4コーナーでも大外を回る不利がありながら1頭だけ34秒台の脚を使いクビ差まで詰め寄りました。2戦目となった未勝利戦は今回と同じ東京1,400m戦。またしてもスタートで立ち遅れ今度は最後方、しかし前走と違うのは頭数が減って捌きやすくなった事と距離短縮でペースが速くなった事でした。前半800mが48秒とやや遅いペースを楽に追走、後方でかかる事無く脚を貯め最後の直線へ。まずは1段ロケットといわんばかりに馬群へ捕りつき後方馬群を交わすと前は4頭。そして外に持ち出して2段ロケットに点火、残り100mであっという間に前の馬群を交わすと終いは手綱を抑える余裕まで見せてくれました。しかもまた上がりは1頭だけ34秒台、馬体はまだ幼さを見せるものの終いの脚は力強く将来を予感させます。

対抗○は⑫アドマイヤヘッド。前走の札幌2歳Sは平均ペースを好位で追走し2着。直線の印象としてはジリ脚という印象が残りましたが逆を返せば長くいい脚を使うタイプ。ゴール手前でもう一伸びしたように直線が長くなる今回の方がいいのは確実です。それと3~4コーナーでペースが上がった時に全く気合をつけずに追走できたことからも距離短縮で速くなるであろうペースにも楽に対応できるでしょう。むしろ血統からはこのぐらいの距離の方がいいのではないでしょうか?
▲には⑦ゴールドアグリ。実績はメンバー1、力強い四肢で追い込んでくる33秒台の上がりは脅威です。前述のように距離短縮がカギですが、ここを楽に通過するようなら2歳チャンピオンがハッキリと見えてくるでしょう。
×には⑩マイネルレーニア。前走はこの馬向きのペースに見えたのですが最後は決め手の差で敗れてしまいました。この馬自身もしっかりと伸びていますしここでも能力が足りないことはないでしょう。同型が何頭かいるようですので出方がカギですが控えても問題はないでしょう。これまではスピードの違いで先頭に立っていたようなものですから。
△には共に前走で東京1,400mを使って勝ち上がって来た⑤ニシノクイック⑭アルコセニョーラを。
【買い目】
馬単  ・・・⑬⇔⑫⑦⑩ ⑬⇒⑥⑭
三連複・・・⑬-⑫⑦⑩⑥⑭
三連単・・・⑬⑫⇒⑬⑫⑦⑩⇒⑫⑦⑩⑥⑭

そして福島記念・・・

ハンデは50.0kg~58.0kgと前後8kgの差。トップハンデは重賞3勝の⑬ヴィータローザ、次ハンデは重賞1勝の⑩ワンモアチャッターとなっています。

本命◎は⑬ヴィータローザ。これまでにハンデ戦で11戦橋って2‐1‐2‐6、半分の6戦を57.0~58.0kgで走っており1‐1‐2‐2の成績。距離・コース・道悪全てに不安はなくこのメンバーなら連は外さないでしょう。前走も着順は7着とはいえ勝った馬とは0秒2差。GⅡでも勝負になるのですからGⅢなら!!
対抗○は⑯ロフティーエイム。福島では春に福島牝馬Sを勝利しておりその時のハンデも52kg。今回は牡馬相手となりますがメンバーを見渡してもほとんどがピークを過ぎたOP馬やOPで頭打ちの馬ばかり。ここ3戦牝馬ばかりとはいえ骨のあるメンバー相手に戦ってきた彼女ならここでなら好勝負でしょう。
▲は⑩ワンモアチャッター。前走は除外となった中山金杯以来9ヶ月振りのレースだったのですがしぶとく伸びて2着を確保。小回りの競馬場を得意としているだけに今回の条件はまさにこの馬向きでしょう。気掛かりは関東圏に移動しての好走が無い点。前走はここを見越してか余裕のある造りでしたので輸送も問題ないと思いますが・・・。
×には⑥ラヴァリージェニオ。距離がやや足りない気はしますが手頃なハンデと先行力を買います。
△には②スプリングドリュー⑦フォルテベリーニを。
【買い目】
馬連・三連複・・・⑬-⑯⑩⑥②⑦

ついでに京都も買い目だけ・・・
◎ ⑭メイショウホウオウ
○ ⑨スカーレットベル
▲ ⑪タガノシャンハイ
× ⑩ワキノエクセル
△ ⑯ゲットアウト
△ ③テンシノコンコルド
△ ④ヒーローアンセム

【買い目】
馬単  ・・・⑭⇔⑨⑪⑩ ⑭⇒⑯③④
三連複・・・⑭-⑨⑪⑩-⑨⑪⑩⑯③④
三連単・・・⑭⑨⇒⑭⑨⑪⑩⇒⑨⑪⑩⑯③④

さぁ、3場予想しましたがどうなることやら・・・。

当たるも八卦、当たらぬも八卦・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。