So-net無料ブログ作成

恐るべし香港最強マイラー!! ~第56回安田記念 レース回顧~ [レース回顧]

春のマイル王に輝いたのは昨年4着、2度目の来日で雪辱を晴らした“香港最強マイラー”ブリッシュラックでした!!

ちなみに私の予想は・・・

◎ ①ダイワメジャー    4着
○ ③テレグノシス     9着
▲ ⑰オレハマッテルゼ 11着
× ⑭インセンティブガイ    6着
△ ⑦シンボリグラン    7着
△ ⑮アサクサデンエン   2着
△ ⑯ジョイフルウィナー  3着

レースは私の予想とは異なり⑤メイショウボーラーがハナに立ち逃げると予想した⑨ローエングリンが2番手。1人気⑰オレハマッテルゼは外目の5番手、2人気①ダイワメジャーは内の3番手。3人気④ブリッシュラックは中団やや後ろの内目、4人気②ダンスインザムードは前走の好位追走とはうってかわって後方のイン。スタート後、二の脚がつかなかった5人気③テレグノシスは定位置の最後方待機でレースは流れていきました。

前半の半マイルは46秒4とほぼ予想通りのペース。最初の1ハロンこそ各馬の出方・位置取り決定を探り合った為か12秒4とやや緩い流れでしたが以降は11秒0-11秒4-11秒6と速くは無いものの淀みない流れ。古馬のマイル戦には珍しく10秒台のラップがなかったのですが、これは前を行った組が上手く折り合いをつけてしまったためで馬群は縦長にならず一団の状態で勝負処を迎えました。

勝った…④ブリッシュラックはレース前にかなりイレ込んでいた様子だったのですが、レースでは出遅れる事無く中団のインへ。昨年よりもペースが緩いこともあり追走が楽になり道中は脚を貯めることに専念。4コーナーでは回りの馬がインを取りに内へ集中する中でこの馬が進むところ全て前が上手く開き馬場の良い三分処へ。抜け出すときの脚は際立っており、世界の脚を見せつけるかのような鋭い脚。推定10秒台前半の脚で一気に2馬身抜け出しました。抜け出してからもソラを使う事無く抜群の集中力と鞍上の隙を与えない風車ムチに応え昨年の雪辱を果たしました。昨年は前半45秒7というハイペースについていけず終いだけの競馬で4着に突っ込んできましたが、今年はそれよりも1秒弱遅いペースだったことが奏功したのでしょう。7歳という高齢にもかかわらず鋭い瞬発力は『若造どもには負けん!!』というオジサンの気迫を感じました。セン馬というのがもったいないですね~。これでアジア・マイル・チャレンジ連勝で100万㌦(約1億1500万円)ボーナスを手にしたわけですが(正確には馬主が)、秋には是非ともマイルCSで日本のマイル路線を制圧して欲しいと思います。

2着には昨年の覇者△⑮アサクサデンエンが入りました。昨年のこのレース以降は慣れない海外遠征などで歯痒いレースが続いていましたが、この中間の動きが一変。絶好の追い切りを消化しました。やや馬体が緩く見えたのですが、今日の馬体重発表では昨年のこのレースと比べても-10kgとかなり絞り具合。特に良く見えたということはなかったのですが臨戦態勢は整ったということだったのでしょう。レースでは昨年の中団からの抜け出しでは無く従来の後方一気の構え。特に意図して下げたわけではないでしょうし馬の行く気に任せた位置取りだったのでしょう。外枠ということもあったでしょうし、無理して馬を行く気にさせると逆に中途半端に包まれてしまうということもあったでしょうし。4コーナーまで後方の内でジッと我慢して直線では馬群を縫うように進出。坂を登ったところでやや前が壁になりかけましたがすかさず馬場の真ん中に出した鞍上の好判断でしょう。上がりも勝った馬と同じ33秒8という最速タイの上がりで2着に食い込み復活の兆しを見せました。元々は大崩れの少ない馬ですし府中マイルは絶好の舞台、年齢的に来年と言うのは難しいかもしれませんので秋のマイルCSで遠征弱さを解消してもう一花!!

3着にはもう1頭の香港馬△⑯ジョイフルウィナーが入りました。今回来日した3頭の香港馬の中では1番注目されてなかったと思いますが、蓋をあけてみると8番人気とそこまで人気薄ということもなく。私自身はこの馬の能力云々ということではなく本気度という点で一番本気が感じられたのがこの馬だったので印をつけました。追い切りの良さもそうですが、わざわざ豪州のビードマンに騎乗依頼しているというのがいかにも本気!!と感じられブリッシュラック以上の評価にしました。レースでは元々が後方からの競馬をする馬ということでしたのでその終いの脚に注目してみていましたが、日本の追込み馬に負けず劣らずの息の長い差し脚を披露。ですが、3~4コーナーにかけて少しづつ小脚を使っていたので最後の100mは息切れした感じですがその能力の一端は垣間見た感じがします。日本の馬場への適正も問題ありませんでしたし、6歳ですがまだ今日を含めて21戦しか走っておらずまだまだ馬そのものは若く感じましたので来年も出走してきたら面白い存在です。

期待した◎①ダイワメジャーは気分よく先行していたのですが終いの伸びを欠き4着と敗退してしまいました。スタートはマズマズでしたし道中の位置取りもいつも通りだったのですが思ったよりも全体のペースが上がらなかったことで終いでキレ勝負になったのがこの馬にはあわなかったのではないでしょうか。4コーナーでの手応えは抜群で坂を登りきってから仕掛けるほどの余裕もあり普通なら勝ちパターンだったでしょう。実際追い出すときに隣にいた⑰オレハマッテルゼをチラッと見ており、その手応えを見て勝ったと思ったことでしょう。ただ、もう少し離れた横からもの凄い脚を使って抜けて来る馬がいようとはという感じだったでしょう。レース前には「左回りが・・・」ということが盛んにメディアで取り上げられていましたが実際には不得手ということはないでしょうしこれまでの府中の4戦は他の敗因がありました。ダービーは距離ですし秋天は本調子じゃなかった点、昨年のこのレースは8着とはいえ勝ち馬とは0秒5差、毎日王冠は休み明けで馬体を大幅に減らして来た点。今日はレース自体はスムーズでしたしこの馬の力も出せたとは思います。本格化したといってもいいでしょうし秋にまた注目したいと思います。

1番人気に推された▲⑰オレハマッテルゼは10着と惨敗してしまいました。パドックでも元気がなくなんだかモッサリとした動き。馬体自体はスッキリとしていたのですが歩様に力がなく・・・。しかし、返し馬が気分良さ気だったので「杞憂だったかな!?」と思ったのですがやはりここ数戦のこの馬ではありませんでした。道中の位置取り・4コーナーでの進出具合はいつも通りには見えたのですが仕掛けてからの反応がいつものそれとは違いモタついていました。いつもならスッと突き放すところをなかなか突き放せず、逆に周りの馬に突き放される始末。年明け休みらしい休みがなく使われてきた疲労が出たのでしょうか?また立て直しでしょう。十分に休みを取ってまた秋にマイル路線を盛り上げて欲しいと思います。

対抗○に推した③テレグノシスは武豊騎乗ということで何かやってくれるのでは?という期待があったのですが終わってみるといつもの後方待機で末脚不発・・・という結果に。ゲートのでは互角だったのですが出た後に行き脚がつかなかったようでいつもの後方待機となってしまいました。レース前の武豊騎手のコメントでは「終い一辺倒の馬じゃないと思うし一度乗ってみたかった。中団からもいけると思うし・・・」というコメントだったのですが、道中も緩い流れで流れた為動くに動けず豊マジックは炸裂しませんでした。それにしてもいつもなら終いもう少しキレても良さそうなんですが得意の府中の割りにキレず・・・。ペース関係なく伸びてくるこの馬が伸び切れないということは年齢的なものなんでしょうか・・・。ちょっと寂しい気がします。

×⑭インセンティブガイは道中の位置取りは前走よりも前目、スタート後少し掛かったような素振りを見せましたがレース自体はスムーズだった用に思います。直線でも「オッ!!」というところがあったのですが、さすがに最後は止まってしまったようで。これは経験の差でしょう。重唱も今回を含めて6回しか出たことがなくまだGⅢの一つも取ってません。これからでしょう。エンドスウィープ産駒の割には成長力もありますしまだ底を見せた感じはしません。経験を積めば秋には面白い存在になるんじゃないでしょうか。

他では△⑦シンボリグランは心配していたスタートも決まりいい位置に付けていたのですが、脚を貯めることが出来ず切れのある終いの脚は出ずじまいでした。ただ、大きく負けたわけではないですし2着とは0秒4差、直線もジリジリとではありますが伸びてましたのでマイルにも目処が立ったでしょう。まだ4歳、これからに期待です!!
…②ダンスインザムードは先行馬多しと見たのかスタート後無理して前には行かず流れに乗って中団へ。今回も最後までレースを投げ出す事無くキッチリ伸びてきました。この馬が好走する時は先行してスッと抜け出す競馬の時だけだったのですが今日のように中団から伸びてくる競馬が出来れば競馬の幅が広がるでしょうしもう1つくらいGⅠを勝てるのではないでしょうか。それくらいの能力はありますし秋には相性のいいマイルCSがありますからね。北村宏騎手も上手く乗ったと思います。
…⑪カンパニーは全く不発でした。向こう上面で躓き加減になったことでリズムを崩したのでしょうか?上位3頭が後方から伸びてきたこともあり展開を理由にはできないでしょうし馬場のせいにも出来ないでしょう。GⅠではまだまだということなのでしょう。
…⑥ハットトリックはパドックでは良く見えたのですがレースではサッパリ・・・。いつもより前目の位置取りと直線で前をカットされたことに尽きるでしょう。位置から立て直しですね。

そういえば昨日の夜に面白い現象がありました。JRA-VANを見ながら予想していた時なのですが・・・。それまで1人気は⑰オレハマッテルゼが5.5倍前後だったのですが、急にそれまで2人気④ブリッシュラックの単勝オッズが3.9倍にまで下がったんですよ!!数分後にはまた2人気になったのですが「あれは何だったんだろう?」と不思議に思っていました。今日になってある方のブログを拝見したところそこに「昨日の9時ぐらいにブリッシュラックの単勝に大量購入(1000万円弱)が入ったらしい」という情報が。「これだったのか!!」と思いそれで流してしまいました・・・。ヒシミラクルの宝塚記念の時もそうでしたが、そういう大量購入は鵜呑みにするには不安があり・・・。終わってみるとその馬が勝ってしまうという結果に・・・。地方競馬ではよくオッズがグンと下がるということはよくありましたが、まさか中央で・・・。馬主サイドなのでしょうか?いや、深夜のPATでの購入でしょうから一般ファンで関係者筋の方なのでしょうか?うらやましい限りです・・・。

まぁ、とにかく・・・今日は香港馬の底力に完敗です・・・。サイレントウィットネスといい、今後はマイル以下の香港馬には要注意が必要ですね!!

これで春のGⅠは一区切りついてあとはディープインパクトの壮行戦「宝塚記念」を残すのみ。来週の府中開催が終わると夏のローカル競馬へと移行します。

週末はもちろん予想を中心にアップしていきますが、週中は2歳馬について書いていこうと思います。今年の2歳戦からサンデーサイレンス産駒がいなくなりますのでPOGはかなり難しくなりそうですが、何とか来年のダービー馬・オークス馬を獲得すべく頑張っていきたいと思います。

そういえば06の指名馬の結果は・・・まぁ、それは明日にでも・・・。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(3) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 1

丸い忍

初めまして、LOVE駿ちゃんさん、いつも参考にさせてもらってます。TBしましたので、もし良ければ見に来てください。
by 丸い忍 (2006-06-04 23:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。