So-net無料ブログ作成

「戦国」ダービーいざ決戦!! ~第73回 日本ダービー レース予想~ [GⅠレース予想]

雨が降り続いています・・・。

明日の明け方には上がるらしいのですが、いくら小雨でもこれだけ降り続けば明日の馬場に影響しないはずがありません。そのことを踏まえ予想していきたいと思います。

「混戦」だとは思いましたがここまでオッズが割れるとは思いませんでした。

午後9時現在、単勝1番人気は皐月賞馬②メイショウサムソンで4.7倍。2番人気は皐月賞3着⑰フサイチジャンク、皐月賞1番人気4着の⑩アドマイヤムーンが6.1倍と続いています。青葉賞勝ち馬⑥アドマイヤメインが6.8倍、皐月賞2着⑮ドリームパスポートが7.9倍、④マルカシェンクが8.1倍と10倍以下はこの6頭。⑨サクラメガワンダー11.8倍⑭ジャリスコライト12.6倍と8番人気までが差の無い人気となっています。

単勝1番人気が4倍を超えるのは過去10年では前例が無く17年前まで遡らなければなりません。89年ウィナーズサークルが勝った年です。あのときの1番人気は関西の秘密兵器と言われた河内洋騎乗のロングシンホニー。結果は5着で3人気-6人気で決まりました。

1番人気は⑰フサイチジャンクになるのでは?と思いましたがこの雨で皐月賞馬②メイショウサムソンの人気が上がってきているようです。

今日の芝レースを見たところAコースほどではありませんがやはり内が伸びるようです。というより外が伸びないというほうが適切でしょうか。それと4コーナーで勢いのついた馬が残っています。逃げ馬ということではなく、4コーナーでうまく抜け出した馬ということです。逃げ粘っていたケースもありましたが、ともかく明日は4コーナーでの位置取りが明暗を分けそうです。

明日のメンバーを見渡して道悪の上手そうな馬といえば・・・②メイショウサムソン⑦フサイチリシャール⑪ヴィクトリーラン⑮ドリームパスポート⑯ナイアガラ⑰フサイチジャンク⑱エイシンテンリューの7頭。その中で先行できる馬といえば②メイショウサムソン⑦フサイチリシャール⑯ナイアガラの3頭。⑦フサイチリシャールに関しては今期5戦目でGⅠ3戦目、追い切りを見ても上がり目は望めずむしろ状態が下がってきているのではないかと思います。距離も微妙ですし・・・。⑯ナイアガラに関しても前走ダート戦を使っておりデータ的に論外。残るのは②メイショウサムソンのみとなります。②メイショウサムソンの二冠というのも考えましたが、オッズが示すとおり何か強く推せないものがあるように思えてなりません。ここはあえて▲としました。

本命◎は距離延長・血統的魅力から⑰フサイチジャンクとします。皐月賞時には強いところとの対戦が無かったがために△までとしましたが、皐月賞でのレース振りと中間の調整を見てダービーなら勝負になると判断して◎をつけます。栗東の改修工事もあったのですが、早めの美浦入りによる長距離輸送回避と成長を感じさせる追い切りでまさに絶好調という感じ。ゴチャつく中山よりも広々とした府中の方が向くのは周知の通り。飛びが大きい割には道悪もこなしており道悪が予想される明日の馬場もそこまで苦にはしないでしょう。前走はスタート後すぐに外に逃げかけたのとすぐに包まれたことで後方からの競馬を余儀なくされましたが今回は好枠とも言える外枠をゲットし包まれる心配は無くなりました。展開に関しても後方から行かなければということもありませんしどこからでもしっかりとした脚が使えるのが武器。道中は中団やや後ろを追走し脚を貯め、欅過ぎから早めのスパートをかければ4コーナーでは好位に取り付けるでしょう。ややエンジンのかかりが遅いところがあるので早めに仕掛けて直線で前にいる馬に併せに行ければ勝機が見えるはず。一度この馬のエンジンに火が点けば後ろの馬に交わされる事はないでしょう。距離延長に関してですが、あまり長すぎるのもどうかとも思いますが2,400mまでなら守備範囲でしょう。岩田騎手もダービー初騎乗・初勝利を目指して頑張れ!!

対抗○には⑥アドマイヤメイン。デビュー時より高い評価・支持を受けていた同馬ですが、やや詰めが甘いところがあり2勝目を挙げ損ねていました。年明けの条件戦で初勝利時の逃げに戻してみたところ圧勝。続く毎日杯・青葉賞でも後続に影をも踏ませぬ圧勝でダービー戦線に名乗りを上げました。橋田調教師も言ってましたが「この馬は怖がって逃げているのではなくスピードの違いでハナに立っているだけ。特に逃げという戦法にこだわるつもりは無い」というように確かに無理をしてハナに立っているというレースは無く隊形が落ち着くときにハナに立っているという印象。スタートが抜群にいいわけでもないですし二の脚が速い訳でもありません。持てるスピードこそ違いますがサイレンススズカと似たタイプなのでしょう。ただ、この馬の場合はスピードの違いで離して逃げるのではなく正確なラップを刻んで後続に脚を使わせるタイプ。そのため道中では離し逃げのように見える時もありますが、後続が追い上げてきた時に息を入れ追いつきそうになったときにもう一度突き放してセーフティリードを保つ勝ち方。道悪が決してプラスになるとは思えませんがマイナスにもならないでしょう。坂路での調教を見る限りパワーも十分ですし走法を見ても苦にするタイプとは思えません。早めに絡んでくる馬がいれば危うしですが、柴田善騎手もここまでチャンスがある馬でダービーに臨むのはこれが初めて。今年は久々のGⅠ勝ちと波に乗っています。その勢いを買って○とします。

▲には前述の通り皐月賞馬②メイショウサムソン。皐月賞はスムーズな追走と抜群の手応えで直線を迎えられたことで強い勝ち方が出来ましたが今回はそうもいかないでしょう。今回はある程度目標にされるのは当然ですが、皐月賞ほどスムーズな競馬は出来ないのでは?という不安点があります。もちろん力は認めます、が皐月賞はステキシンスケクンのハイペースの逃げをフサイチリシャールが早めに捕まえに行った事で先行集団がバラけ競馬がしやすかったことが勝因ですが、今回逃げると目される⑥アドマイヤメインはそこまで無謀な逃げは打ちませんし逆に追走集団のペースが落ち着くことが考えられます。道悪に不安はありませんが、万が一そういうペースでの競馬になったときの瞬発力勝負では分が悪いのではないでしょうか?自らが前を捕まえに行けば勝機も見えてくるでしょうし自分のレースの持ち込めるでしょう。曲がりなりにも皐月賞を勝ったわけですからここを勝つ力も十分にあると思いますし、そういう不安点を打ち消すほどの結束力があるコンビと考え▲とします。

×にはただ一頭の関東馬⑭ジャリスコライト。皐月賞は久々のせいで直線では息が持ちませんでしたがそれでも0秒7差。4コーナーでは勝ったメイショウサムソンの後ろにつけており鞍上の横山典騎手も「一瞬夢を見た」程の手応えだったとの事。一度使われた今回は調教の動きも一変し皐月賞以上の仕上がりにあるでしょう。距離も血統的には問題ないでしょうし府中は2戦2勝と得意にしています。道悪に関しても父は欧州を中心に世界中え活躍した名馬ですし兄は条件を問わない万能名馬。その血に限って雨を苦にすることはないでしょう。鞍上の横山典騎手もダービーは2着3回ともう一歩のところで勝利を逃しています。今年もGⅠ2着2回といい感じには来ています。ここらでダービー制覇と行きたいところでしょう。

△には④マルカシェンクと⑨サクラメガワンダーを④マルカシェンクは2歳時にはダービー候補No.1の呼び声も高かった馬。骨折があり順調さが問題にされましたが前走の京都新聞杯を見る限りその心配は要らないでしょう。むしろ心配なのはゲート。前走もそうでしたがやや立ち上がり気味のスタート。福永騎手のコメントでは「中団くらいにはつけて行きたい」との事でしたのでスタートで出遅れてしまうと前走と同じ結果になりそうな気がします。ただ、あの末脚の破壊力は驚異的ですし2歳時に見せた能力をフルに出すことが出来ればここではトップレベルでしょう。⑨サクラメガワンダーも前走はアドマイヤムーンをマークしすぎたがために後方からの追走を余儀なくされ終いだけの競馬。外を周らされたにもかかわらず最速の脚を使っていましたし、内田博騎手騎手も「今回は前走よりも前につける」というコメントをしていましたのでもう少しまともな競馬になるのではないでしょうか。スムーズな競馬が出来れば長くいい脚を使う馬ですので坂を登りきってからの脚に注目したいと思います。

【買い目】
馬単  ・・・⑰⇔⑥・② ⑰⇒⑭・④・⑨(7点)
三連複・・・⑰-⑥・②-⑥・②・⑭・④・⑨(7点)
三連単・・・⑰・⑥・②BOX 
        ⑰⇒⑥⇒⑭・④・⑨
        ⑰⇒②⇒⑭・④・⑨
        ⑰⇒⑭⇒⑥・②・④・⑨(16点)

(⑥-⑰は愛息の誕生日、枠②-⑨は私の誕生日、三複③-④-⑩はカミさんの誕生日ということでこの3点は僅かに押さえてみようかと・・・)

⑩アドマイヤムーンに関しては非常に怖い存在ではあるのですが、皐月賞の負け方がだらしなかったのと血統的にこの距離は向かなさそうという点、キレのある脚先の軽い走りということで道悪はマイナスになるのでは・・・という懸念材料から無印にしました。能力の高さは認めますが掲示板まででしょう。
⑮ドリームパスポートに関しても一瞬の切れを生かすタイプで直線の長い府中は向かなさそうです。皐月賞のまま高田騎手なら魅力もあったのですが・・・。BMSトニービンは非常に魅力的だったのですが父フジキセキから距離延長は歓迎ではないでしょう。こちらも掲示板まででしょうか。
気になったのは③ロジック⑫アペリティフ⑬トップオブツヨシの3頭。③ロジックに関してはここまでマイルで活躍していますがこれまでのレースを見直してみたところ、レース振りから「距離も持つんではないか!?」という考えが出てきてしまって・・・。体型的にはマイラーなのですが大崩れしない成績には魅かれました。⑫アペリティフは調教の良さと前に行っての渋とさ、⑬トップオブツヨシは馬どうこうではなく池添謙一&鶴留厩舎コンビ・・・。7枠13番でこのコンビで思い出すのは03年桜花賞のシーイズトウショウ。気になりますね~・・・。血統的にもこの距離は良さそうですし。この3頭に関しては明日のパドック次第ということで。

印を付けるのに非常に迷いましたがそれくらい混戦ということですね。(普段なら◎○▲くらいまではスパッと決まるのですが・・・)

メイショウサムソンの二冠となるのか?SSラストクロップでの勝利なるか?アドマイヤムーンの逆襲なるか?それとも・・・?

まぁ、とにかくダービー!!毎年外れたときは「チクショー!!」と思うのですが後から振り返ると名勝負の多いレース。明日もそんなレースを見せて欲しいな~・・・と思います。

明日は府中に行く予定ですのでそろそろ寝ないと・・・。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

コメント 1

私はマルカシェンクを本命にしました。
あと、侮れないといったらアドマイヤムーンですね。
武豊騎手がフサイチジャンクに騎乗しなかったのは
ムーンの方がダービー馬に相応しいのではないかと…。
by (2006-05-28 10:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。